VPP(バーチャルパワープラント)

VPP(バーチャルパワープラント)

バーチャルパワープラント(VPP)とは、分散型エネルギーリソースをIoTを活用した高度なエネルギーマネジメント技術によって遠隔・統合制御し、あたかも1つの発電所のような機能を提供する仕組みです。

VPPによって電気を無駄なく使える、地球に優しい社会が目の前まで来ています。


【動画】VPP(バーチャルパワープラント)とは

VPPとは、バーチャルパワープラントの略称。仮想発電所と呼ばれています。エネルギーの地産地消を実現するといわれ、今注目のエネルギーシステムです。

出典:経済産業省 バーチャルパワープラント


VPPの仕組みVPP(バーチャルパワープラント)大規模発電所(集中電源)に依存した従来型のエネルギー供給システムが見直されるとともに、需要家側のエネルギーリソースを電力システムに活用する仕組みの構築が進められています。

工場や家庭などが有する分散型のエネルギーリソース一つ一つは小規模なものですが、IoT(モノのインターネット)を活用した高度なエネルギーマネジメント技術によりこれらを束ね(アグリゲーション)、遠隔・統合制御することで、電力の需給バランス調整に活用することができます。

この仕組みは、あたかも一つの発電所のように機能することから、「仮想発電所:バーチャルパワープラント(VPP)」と呼ばれています。VPPは、負荷平準化や再生可能エネルギーの供給過剰の吸収、電力不足時の供給などの機能として電力システムで活躍することが期待されています。

出典:経済産業省 バーチャルパワープラント

大きい画像で見る


A-Smart2020の目指すミライ太陽電池モジュールPERCとは電子ロスを防ぐ技術です。従来のセルでは、太陽光により生成した電子がセル裏面部で吸収されてしまいましたが、PERCセルでは絶縁膜によって電子の吸収が抑制され、より多くの電流を得ることができます。


PERCモジュールは暑さに強いから夏もしっかり発電太陽電池モジュールA-Smart2020は大容量の太陽光発電と蓄電システムで「電気を買わない自給自足100%以上」を目指した住宅です。

アソビエは、再生可能エネルギーを使った『電気エネルギーの地産地消』と『地域の活性化』に貢献します。


テクノロジー一覧に戻る

メニュー
0120-997-715
  • Facebook
  • Instagram